Category

  • カテゴリーなし

確実な選択肢

塾や個別教室に通う場合、自分がどのような日本語教師になりたいかで、選ぶ選択肢が変わります。
ですが、どんな目的でも受けておいて損は無いと言われているのが「420時間コース」と呼ばれる、文化庁が定めた日本語の必修科目を詰め込んだコースでは無いでしょうか。

日本語の基礎、日本語を相手に伝える為のノウハウ、実技練習などなど、この420時間コースには様々な授業内容が詰め込まれています。
この420時間コースを全て修了した場合、日本語教師資格の取得条件を満たすことが出来るのです。
コースを修了したからと言って、確実に試験の合格が保証される訳ではありませんが、420時間を終える頃には日本語の基礎は全て自分の中に染み込んでいるはずです。
個別教室や塾によっては、実際に教壇を用意して、その上で模擬授業を行うといったカリキュラムも組み込まれていますので、実際に日本語教師になった立場で、教育のシュミレーションも受けることが出来ます。

420時間・・・。1日が24時間である為、1日をフル活用しても20日近くかかるほどの、膨大な時間です。実際に24時間受けることは出来ないので、数ヶ月に分けて授業を受けることになるのですが、それでもかなりの時間です。
道のりは長いですが、このコースでの必修科目をクリアすれば、日本語教師の道はもう目の前ですよ。

Calendar

2016年12月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031